専業主婦ならではの悩みはあると思います。夫に内緒でお金を使ってしまったなんてのはバレたら怒られますが、夫の稼ぎを補う為にお金を借りて工面する。でも夫に心配かけたくないから内緒にしたいという人もいるそうですね。なんとも健気です。

でも専業主婦が借りれる金融機関は限られます。なぜなら専業主婦は収入がないからです。

ここでは、専業主婦への融資に厳しい理由と、数少ない金融機関の中で専業主婦にも貸してくれる金融機関を紹介します。

消費者金融の場合

消費者金融では、貸金業法という法律が適用されます。その中に、総量規制という規定があり年収の1/3以下までしか貸し出しができないのです。収入が0円の専業主婦は、0円×1/3 = 0円 ということで、貸し出しはできません。

配偶者がどんなに高収入でも、本人に収入が無ければ貸してくれません。それが法律の縛りです。

もし、専業主婦とはいえ、パートでもアルバイトでも安定した収入があれば専業主婦でも普通に借りることはできます。それは金融機関から見れば専業主婦ではなく普通の収入のある人だからです。そういう方は普通にカードローンを申し込みましょう。

銀行カードローンの場合

専業主婦が借りられる可能性があるのは、その総量規制という規定のある貸金業法の適用されない「銀行カードローン」です。しかし、銀行カードローンでも、専業主婦に貸しているところと貸していないところがあります。

ただし、銀行も2018年からは夫の年収を詳細に見るようになったそうです。夫の同意は必要ないものの審査は以前より厳しくなったと言えます。

消費者金融の配偶者貸付制度とは?

また、貸金業法の例外的に配偶者貸付という制度を利用すれば、消費者金融でも専業主婦がお金を借りることができます。

ただ、この制度に対応した貸付をしている消費者金融は限られます。また、夫の同意が必要になります。

このページに検索でたどり着いたあなたは恐らく「夫に内緒で借りたい」のだと思います。だとすると、この配偶者貸付制度は意味がないものだと思います。とすれば、専業主婦でも貸してくれる銀行を探すしかありません。

専業主婦でも借りれるカードローン

上記の通り、専業主婦がお金を借りることができるのは、銀行カードローンか、夫の同意が必要な配偶者貸付制度に対応した消費者金融の2択になります。

ここでは、その中でもネットから申し込める金融機関を紹介します。銀行に行ってローンの相談をするのってちょっと抵抗ありますよね。担当者にお金が必要な理由や夫の収入やいろいろなことを根掘り葉掘り聞かれるのがイヤだったという人は多いです。ネットで申し込めれば対面で人と話すこともないしスマホやパソコンがあれば済んじゃうのでお手軽です。

銀行カードローンだと、楽天銀行やイオン銀行、地方銀行が専業主婦への貸付を行っています。

次に、配偶者貸付制度に対応した消費者金融は、エニー です。中小の消費者金融ですが、安心して申し込めます。

夫に内緒でカードローン契約するには

専業主婦でお金を借りたいという人は何かしら夫にお金の相談ができない人ではないでしょうか!? パチンコで使い過ぎた。競馬で負けた。宝くじを買いたい。どうしても欲しいものがあるけど夫に相談できない。無駄遣い以外にも「夫の収入が少なく生活費が足りない。でも夫のプライドを傷つけたくないから言えない。なんとかやりくりしたい」といった健気な動機もあるようです。

いずれにせよ、夫に内緒でカードローン契約するには、いくつか気をつけるポイントがあります。

1.申し込み時 2.本人確認や審査結果報告の連絡 3.勤務先への在籍確認 4.自宅へのカード・契約書の郵便物 5.お金を受け取る 6.自宅への利用明細書の郵便物

これらの気をつけるポイントで最も優れているのが「セブン銀行カードローン」です。

専業主婦にお勧めは「セブン銀行カードローン」

以下の記事はちょっと古い情報です。今はセブン銀行はお勧めしません。

セブン銀行カードローンがなぜ夫に内緒でキャッシングするのにお勧めなのかというと、まず夫の同意書が不要だということと郵送物が自宅に届かないという大きなポイントが2つあるからです。

同意書が必要だったらそもそもバレますよね。それに郵送物を見れば「なんでセブン銀行カードローン?」ってことになり簡単にバレます。セブン銀行カードローンはそれらがないので、夫にバレないように借りたい人向けというわけです。

ただ、他の銀行も利便性では競争していますから、この記事を読んだ時点では状況は変わっているかもしません。他の銀行でも「夫には内緒にしたい」と素直に訊いてみるのがいいと思いますよ!

セブン銀行カードローンで夫に内緒に申し込む手順

1.申込み時 ・パソコンやスマートフォンから申し込む。 ・連絡先は自分の携帯電話にする。 ・メールアドレスは自分専用のアドレスにする。携帯を覗き見される心配がある人は Gmail や Yahoo メール等パソコンだけで見れるアドレスを作ってから申込みます。

※セブン銀行の口座を持っていなくても申込みができます。 ※本人確認書類や収入証明書は不要(本人、夫どちらも不要)。本人確認書類は郵便局で見せます(後述)。

2.本人確認や審査結果報告の連絡 ・審査結果はメールで通知されます。電話連絡はありません。

3.勤務先への在籍確認 ・本人や夫さん、夫さんの勤務先への電話連絡はありません。

4.自宅へのカード・契約書の郵便物 ・キャッシング専用のカードはありません。セブン銀行のキャッシュカードと共用です。 ・キャッシュカードの受取りは本人限定受取郵便なので安心です。(本人限定受取郵便について詳しくはこちら) ・キャッシングの申込みはキャッシュカードが届いてからパソコンやスマホからダイレクトバンキングサービスにログインして行います。

5.お金を受け取る ・実際にお金を借りて受け取るのはセブン銀行のATMです。 ・セブン銀行のATM手数料は利用時間帯・曜日にかかわらず無料。

セブンイレブンのATMでキャッシングしても貯金を引き出しているようにしか見えないですよね。夫が近くにいても気づかないし知り合いに見られても大丈夫です。

6.自宅への利用明細書の郵便物 ・キャッシングの利用明細や請求書等は郵送されません。 ・キャッシングの明細はパソコンやスマホからダイレクトバンキングサービスにログインして確認します。

こんな時は郵送物が来る!

返済が遅れると電話連絡や督促状が送られてくるので注意しましょう。月々の返済さえ滞らなければ、夫に内緒でキャッシングを利用できます。

セブン銀行のいいとろこ

セブン銀行の利用限度額は10万円、30万円、50万円のいずれかです。利用限度額の範囲内で自由に借入れや返済ができます。利用限度額は他のアコムやプロミス等の消費者金融に比べれば少ないですが金利は15%と低く、消費者金融で借りるよりは金利が少なくて済みます。店舗数の多いセブンイレブンで使えるのは便利ですね。

>>セブン銀行カードローンの申込みはこちら


このページの先頭へ